医師・スタッフ紹介

  • HOME
  • 医師・スタッフ紹介

院長 柴原 証基

経歴

1994年3月
滋賀医大 卒業
1994年4月~1995年12月
滋賀医大精神科 研修医
1995年4月~2004年3月
華頂看護専門学校 非常勤講師
1996年1月~2009年3月
滋賀里病院 常勤(2003年1月-同医局長)
1999年4月~2009年3月
市立大津市民病院付属看護専門学校 非常勤講師
2000年7月~現在
湖南クリニック 非常勤
2008年4月~2012年3月
宇治おうばく病院 非常勤
2009年6月~現在
ダイハツ工業株式会社 診断医
2009年7月1日
ときめき坂メンタルクリニック 開院
2009年11月~現在
滋賀県立精神医療センター 非常勤
2010年2月~現在
日本政策金融公庫 嘱託医
2010年4月~現在
大津市教育委員会専門科 校医
2010年11月~現在
大津市医師会立看護専修学校 非常勤講師
2014年4月~現在
滋賀県教育委員会 滋賀県立学校いじめ問題調査委員会 委員
2017年4月~現在
大津市子ども・若者支援地域協議会 委員
2017年4月~現在
湖南病院 非常勤
その他
検察庁にて簡易鑑定を年30件程度

シンボルマークの由来

トンボは、前にしか進まないことから、古来より「勝ち虫」ともいわれ、縁起のいい生き物とされてきました。
院長の故郷は「赤とんぼ」の歌の発祥の地であり、トンボといえば故郷の象徴でもあります。故郷には良い思い出ばかりではなく、その逆もありますが、本当の自分を知る上で大切な何かがあるはずです。
当クリニックが、つねに前向きに、自分と向き合える場であってほしいとの思いから、トンボのマークとしました。